柴犬ワハハと笑える日々 > ワハハと写真 > ~1歳まで-ワハハと写真- > 犬のワクチンは午前中に受けたほうがいい理由

犬のワクチンは午前中に受けたほうがいい理由

 

目やに

ワハハにはちょっと気になる点が2ヵ所あります。

1つは「目やに」
ワハハはウチに来た当初から涙をよく流してたのですが、
最近は目やにが結構目につくようになりました。
時々ですが、痒そうにしてる時があります。

お腹の毛

もう1つは「お腹の毛」
こちらもうちに来た当初から気になってました。
お腹の毛がワシの認識よりもちょっと薄いです。
「子犬だからこんなものなのかな~?」と思ってたのですが、
しばらくしてもあまり増えてきそうな気配もないのでブリーダーさんにメールで質問してみました。

「みんなこんなものだから、心配することないですよ。」とのこと。
だけど、ネットでいろんな子犬の写真を見ても、ワハハのお腹周りの毛は少し薄いように感じます。

それがここ最近、少しずつ更に薄くなってきてるように感じました。
痒そうにしてるわけではないので皮膚病ではなさそうですが、
ノミやダニが原因のアレルギーの可能性もあります。


ワハハは生後62日で我が家に来ました。
1回目のワクチンは10月8日に接種しています。
2回目は11月14~18日くらいに受けるように言われていたのですが、
ワクチンの接種は必ず午前中にしろと言われています。

理由は、ごくたまにワクチン接種後にショック症状を起こす子がいるらしく、
ひどい場合はそのまま死に至ってしまうとか。
そうした場合すぐに獣医に診てもらえるように、午前中に接種しておくのだそうです。
そうすれば万一の場合は午後から受診することができます。

もしかしたら翌日にショックがでるかも・・なんて心配症のとーちゃんは
上記日程から18日の月曜日のワクチン接種をする予定でいました。
11月15日は金曜日なので、翌日になにかあったら診察してもらえない。。

でもここに来てワハハの目やにとお腹の毛が気になりだしたので、
ワハハのワクチン接種は14日の木曜日にすることにしました。
そうすれば仮に翌日に具合が悪くなっても翌日診察してもらえます。


おかげでワハハのワクチン接種の予定が少し早くなり、
結果、ワハハと早く散歩に行けるようになります♪

夢にまで見た愛犬との散歩!!
早くワハハと散歩に行きたいな!

ワクチン接種までもうすぐです♪


*本によってはワクチンの接種は成犬になった後も毎年1回は受けるように書かれているものがあります。
だいたいの動物病院では1年たったらワクチン接種のお知らせが届くそうです。
でも、ブリーダーさんの話しでは成犬後のワクチンは基本的に必要ないとのことで、
「気休め」程度にしかならないということです。

ワシは『最低限しか動物病院に行かない』主義なので、
ワハハのワクチンは次が最後となります。
ショック死の危険を冒してまで気休め程度のワクチンを打つ必要はないと思います。

������� ���� ����

 

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント