柴犬ワハハと笑える日々 > ワハハと写真 > 香川県一周の旅その5 かりんの丘公園

香川県一周の旅その5 かりんの丘公園

 

神野寺かりんの丘-01_R

道の駅 たからだの里さいたで一晩を明かしました。

寒くもなく暑くもない車中泊には最高の季節ですが、
近くに夜通しアイドリングしてた車がいたので少しうるさかったw

しかし、大型トラックの出入りもそれほどなく、
暴走族も来なかったので快適に眠れる良い車中泊スポットです^^

神野寺かりんの丘-02_R

昨晩は夜で撮影できなかったので、
道の駅 たからだの里さいたの風景。

神野寺かりんの丘-03_R

事前にグーグルの衛生写真で調べておいた通り、
ワンコのシッコポイントにも申し分ありません。

神野寺かりんの丘-04_R

道の駅の奥には池もあります。

神野寺かりんの丘-05_R

更に温泉も。連泊もできる?貴重な道の駅です^^

神野寺かりんの丘-06_R

ここでトラブル発生!

ブラブラ朝の散歩をしてたら、
ものすごい音で害獣よけの空砲が鳴り響きました。

それを聞いたワハハはもうパニック!
大急ぎでその場を離れます。

神野寺かりんの丘-07_R

それからは道の駅から少し離れたところを探索。

少し落ち着いたかと思われましたが、
ここでも遠くから空砲の音が・・・

もうワハハがパニックになって散歩どころではないので、
車で移動することに。

神野寺かりんの丘-08_R

そんなパニックのワハハをよそにw、
道の駅 たからだの里さいたの朝の様子。

キャンピングカーも停まってます。

神野寺かりんの丘-09_R

どんなにワハハが怖がっていても、
車中泊モードにしたままだったので、
車の中を通常モードに戻します。
NBOX+とはいえ、通常モードにするには10分以上時間がかかります。

神野寺かりんの丘-10_R

朝の散歩が 道の駅 たからだの里さいた近辺でできなくなってしまったので、
昨日は予定をとばして来なかった神野寺へ。

ここでは弘法大師像を見て、できればミニ八十八ヶ所めぐりをします♪

神野寺かりんの丘-11_R

しかし!!!
道の駅 たからだの里さいたから車で15分ほど移動したにも関わらず、
まだワハハがビビってます。

尻尾がダラリンだけでなく、足も震えてます。
ワハハがこんなに怯えるのは池田動物園池田動物園に連れて行って以来です。

神野寺かりんの丘-12_R

もうビビりまくって車の前から動いてくれません。

散歩どころではないので、
仕方なくしばらく車で移動することに・・

神野寺かりんの丘-13_R

次の予定地の満濃池森林公園は9時からしか入れないので、
時間つぶしに車中泊を見送った道の駅空の夢もみの木パークにやってきました。 

神野寺かりんの丘-14_R

事前に調べていた以上に、狭く、ワンコの散歩ポイントもなさそう。

宿泊は道の駅 たからだの里さいたにした結果オーライでした。

それはともかく、とにかくもみの木パーク周辺を散歩してみようと思います。

とりあえずワハハを車から降ろして、前を見ると・・
そこには野良犬が数頭ブラブラしています!

慌ててワハハを車に乗せます。
野良犬がいることに気づいたのが車のすぐ近くで良かった!

これがしばらく散歩してからだと、
ワハハと一緒にワシも襲われてたかも!?

こんなにたくさんの野良犬からワハハを守ってやることはできません。

神野寺かりんの丘-15_R

行き場所を失って、どうしようかと思っていたところ、
すぐ近くに「かりんの丘」なる看板が!

ここは事前に調べていたところではありませんが、
まだ時間も早いので行ってみます。

まんのう公園のすぐ近くにある公園ですが、
ここが思いの外広くて綺麗な公園。
しかも無料!ww

神野寺かりんの丘-16_R

この公園のシンボルのかりんちゃん?

神野寺かりんの丘-18_R

奥には広いグラウンドもありました♪

神野寺かりんの丘-19_R

公園の下?には小さな果樹園みたいなものが。
ここの遊歩道みたいなところも散策できます。

神野寺かりんの丘-20_R

偶然にも時間制限のない良い公園を発見できてラッキーです。
少し散歩して、ワハハも空砲の恐怖から落ち着いたようです。


道の駅は地産品を売ってることから、
近くに田畑があることが多いのですが、
秋のこの季節は害獣除けの空砲がかなり大きな音で鳴り響くので、
ワンコ連れ車中泊にはあまり向いてないのかもしれません。




香川県一周の旅その4 ほたる見公園

香川県一周の旅その6 まんのう池森林公園・公渕森林公園

������� ���� ����

 
関連記事

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント