犬が初対面の人にとる態度の原因

 

初対面
愛犬が初対面の人にとる態度・・・実は飼い主さんから学んでいるんです!という記事を読みました。

要約すると、「犬は飼い主の態度を見て自分がどうするか決めている。」ということらしいです。
これにはワシはものすごく納得(^_^;)

確かにフレンドリーな人が連れている犬はフレンドリーである場合が多いです。

さて我が愛犬ワハハは、もともと用心深い日本犬の中でも更に用心深い性格です。。
散歩中ではいろんなワン友さんに会いますが、
今だに父ーちゃん以外でワハハの頭を普通に撫でられる人間はスーちゃんのお母さんくらいかも?(^_^;)

それ以外の人がワハハの頭を撫でようとすると、
ワハハはひょいひょいと撫でられないようにかわしてしまいます(*´Д`)

そもそもワハハが子犬の時は、父ーちゃんが撫でようとしてもかわしていたくらいです。
もともと体に触れられるのが好きじゃないのだろうと思います。

それにしても、もう何度も出会ってる人にいまだにこういう感じというのは驚き。


しかし、これがワシの行動を見て、ワハハがどうするかを決めているのだとすると納得できるところも。
父ーちゃんも実は初対面の人と話すのが苦手な人ですし、
打ち解けるのに時間がかかる人なんですね~。
ワハハがそうした父ーちゃんの行動や状態を敏感に察して行動していると考えると、少し納得いきます。


でも、一番の原因はひとり暮らしの父ーちゃんに飼われているワハハは、
小さい時に父ーちゃん以外の人間と接触する機会がほとんどなかった…という事実だろうと思いますw


 

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント