とーちゃん鬼にも悪魔にもなる

 

鬼にも悪魔にもなる

飽きっぽいワハハに対しいろいろと遊びを工夫していたのですが、
ワハハは興奮がエスカレートして甘噛みがなかなか直りません。

指を喉の奥に突っ込んでも、大きな音を立てても直らないのでネットでいろいろ検索すると、
腕や服を噛んできた時は「ケージにいれてしばらく無視する」という方法がありました。

ところがワハハが噛んでくる時はワハハ自身もかなり興奮してる時なので、
今度はケージの金属の柵をガシガシ噛んで抗議します。

このままでは甘噛みが仮に直ってもワハハの歯が悪くなってしまいます。


そこで、ワシはもう一度しつけの本やビデオをチェック。
ネットもいろいろ検索しました。

そこで思ったのが、悪いのはやっぱり犬ではなくて飼い主だってこと。
ダメ犬がいるのでなく、ダメ飼い主が悪い。
犬と飼い主の主従関係というのは好きではなかったのですが、
方針を180度転換してビシっとすることにしました。

これからワシは心を鬼にも悪魔にもするのだ!

第一優先はワハハの健康。
柵を噛んで歯を悪くしたり、先日の嘔吐事件のようにワハハの健康を害してはいけません。

で、いろいろ調べた結果「仰向け躾法」に行き着きました。
これは有名なドッグトレーナーの藤井さんの「ダメ犬脱出」のビデオには載ってなかった方法です。

昨日からこの仰向け躾法を実践しているのですが、
これが実に効果を発揮しています。

こうして昨日から主従関係を徹底して意識するようになった結果、
甘噛みだけでなく、ケージの柵を噛んだときの「ヤメロ!」の指示にもかなり従うようになってきました!

もちろん仰向け躾法だけでなく、
ワハハを興奮させないようにも意識するようにしてます。

昨日まではむしろ運動させるためにワハハを興奮させて部屋の中を走り回るように意識してやってました。
そして甘噛みやトイレのミスはほとんど興奮状態の時に起こります。

興奮させないよう意識した結果、甘噛みも減り、トイレのミスも大幅に減りました。
興奮していたのはワハハだけでなく、ワシも興奮してたってことですな。

もちろんまだまだ失敗も多いですが、たった1日で大きな成果です。
もうそろそろワハハも生後3ヶ月になるので、
躾をきっちりしておかないと反抗期に入るととんでもないことになってしまいそうです。

2回目のワクチンまでにはまだ10日ほどあるので、
散歩デビューに備え、これからはリーダーウォークも取り入れようと思います。
藤井さんのビデオを見た時には、リーダーウォークなんて何の意味があるんだろう?
せめて散歩くらい犬の自由にさせてやりたいと思ってたんですけどね。
やっぱり主従関係をきちんと築けるようになるまでは、ちゃんと躾しようと思います。

������� ���� ����

 

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント