柴犬の顔がくずれる!?とは?

 

柴犬の顔が崩れる?

ブリーダーさんの話だと
『柴犬の顔が崩れる』ということがあるそうです。

どういうことかと言うと、
仔犬から成犬になる時に、成長の過程として顔のバランスがおかしくなる時期があるのだとか。
耳が極端に顔のバランスと比べ大きくなったりなど。

全ての犬がそういうわけでもないようですが、
確かに生後1ヶ月はものすごくかわいらしい顔をしていたのが、
ほんの1,2週間で全く別の犬のように変わってしまうことがあります。

ワシ自身、何件かのブリーダーさんを回っている時に、
そういう経験をしたことがあります。
そういった問題もあって仔犬を選ぶのが怖くなってしまった時期がありました。

中にはワンコを初めて見た時から受け取りまでに期間がある場合、
ブリーダーさんに「自分の決めた犬と違う!」と言う方もいるのだとか。


そのために、仔犬を選ぶ時は親犬を見るのを勧めるブリーダーさんが多いのです。
ブリーダーさんのようなプロでも、その仔犬がどういう成犬に成長するかを見極めるのは難しく、
ましてや素人の我々がどんな柴犬に成長するかを見極めるのは不可能と思っていいと思います。

絶対ではありませんが、人間でもどことなく親に似る人は多い。
仔犬が生まれる前から、この親から生まれる子犬を飼うと決める人がいるのも納得がいきます。


ワシはこれがわかってからは、
両親犬をかなり参考にするようにしました。
仮い親犬そっくりに育っても自分が愛せるタイプのワンコかどうかを見てました。
もちろん、その仔犬自体に愛着が湧くかも重要です。


犬によっては、この『顔の崩れ』が生後3ヶ月~半年におこる子もいるらしいので、
我が愛犬ワハハがどういうワンコになるのかは全く想像がつきません。
もちろん自分の愛犬だから、どういう犬に育っても愛着がありますが、
ハラハラドキドキでもあります^^

������� ���� ����

 

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント