柴犬と豆柴の違い

 

柴犬と豆柴


豆柴とは言うまでもなく小さいサイズの柴犬のことです。

豆柴はそういった種類があるのではなく単に小さいサイズの柴犬で、
日本犬保存会では豆柴というものを認めていません。

日本犬保存会によると、柴犬の規定サイズ雄犬の標準体高は39.5cmで38cmから41cm、雌犬で標準体高36.5cmで35cm~38cmとされています。

仔犬をペットとして売ることだけを目的としているブリーダーは別として、
多くのブリーダーは日本犬保存会やJKC(ジャパンケネルクラブ)が主催する犬の展覧会に入賞することを目指します。

僕が思うにこれらの展覧会に出展するブリーダーにも2種類の人がいると思います。
純粋に形のいい犬を造り出したいという思いから出展する人と、
仔犬をより売りやすくするために展覧会で賞を取った犬の子どもという”ハク”をつけるために出展する人です。

展覧会で入賞するためには体格なども審査されるので、ある程度の運動をさせて一定以上の筋肉をつけさす必要があります。
だから展覧会で入賞する犬を出すためには、犬の運動も含めかなりの手間がかかります。

豆柴は代々小柄の柴犬を掛け合わせていくので、
上記の日本犬保存会の規定に合わない犬です。
よって、展覧会で賞を取ることができない犬となります。

ところがネットで柴犬と豆柴の売買価格を検索した人はご存知でしょうが、
豆柴のほうが需要が多いので価格は高くなっています。
よって柴犬ブリーダーの主流も豆柴になってきてます。
販売用の豆柴と賞を狙いに行く柴犬といったように、手間のかけ方を明白に区別しているブリーダーもいます。
特に人員的に明らかにキャパオーバーの犬を保有しているブリーダーに全ての犬を運動させることはできません。
賞を狙いに行く犬のみ運動させて、豆柴など賞の取れない犬は一生檻の中ということになります。

ましてや豆柴専門のブリーダーとなると、
一部の小規模ブリーダーを除き、ほぼ商品扱いというのが実情でしょう。

より小さい豆柴サイズを作りだすためには、
食事量を減らしたり、運動量も減らしたりするのだそうです。
これでは健康な犬を入手するのは難しいなというのが僕の感想です。



柴犬に限らず、トイプードルやミニチュアダックフントと同じように、
より小柄なサイズの犬を何代にもわたってかけあわせて品種改良された犬です。

人間だって家系的に大柄な家系の人もいれば、小柄な家系の人もいます。
これを犬の場合は人間の手によって意図的に小さな体格になるように調整された犬です。

日本ではご存知の通りマンションに住む人が多くなってきて、
マンションでペットを飼う人も多くなってきました。
僕もマンションです。

ペット可マンションといえど様々なトラブルを避けるため、
ペットを飼うためにはそのマンション内のいろんな規制があります。
その一つにそのマンションで飼える犬のサイズがほとんどの場合は決められていることが多いです。
サイズはマンションによってまちまちですが、体高が30cm~50cm以内という場合がほとんどです。
僕もマンションの規定によっては豆柴もやむを得ないかな?と思ったのですが、
先代ワハハが大柄の柴犬であったこともあり、大柄の柴犬を飼うことを諦め切れなかったんです。
そのため、マンションを選ぶ際はかなり苦労しました。

背景はいろいろあれど、世界の犬の歴史を見ても人間の生活に合わせて品種改良されてきた犬を否定することはできません。
また、ブリーダーさんがいるからこそ、希望する犬種を飼えるのです。

豆柴であろうと、通常サイズの柴犬であろうと、
そういった犬種を指定すること自体が罪であると思えます。

僕のブリーダー訪問はもう少し続きますが、
思うところがいくつかあったので
思うがままに呟いてみました。

これは僕の感想ではありますが、
人の意見を参考にするのは構わないけれど、
自分で納得したところから犬を譲ってもらうのが一番だなと思いました。

僕は相当高望みをしているな、ということがわかりましたw

������� ���� ����

 

コメント

ご意見・お問い合わせ等ありましたら下記よりお願いします。

新しいコメントを記入する
 
 
 
コメント