アーカイブ 2017年05月17日

ワハハが悲鳴をあげた!膝蓋骨脱臼?

カテゴリー ワハハと写真, ~4歳まで-ワハハと写真- | タグ: , , , , , , , ,

IMG_0827_R
5月5日休日の夕方のこと。

ワシが掃除をしてる横でワハハが後ろ脚で顔をポリポリ掻いていました。
すると突然のワハハの悲鳴!
今までで一番大きな悲鳴です。

何事かと思いきや、後ろ右足がどうにかなってしまったようです。
実は1ヶ月ほど前にも後ろ足で顔を掻いてる時に悲鳴をあげたことがあるのです。
この時は悲鳴をあげて後ろ脚をしばらくあげてはいたものの、
ほどなく痛みも治まったようで、
すぐに後ろ脚も普通に歩いてました。
「どこかひねってしまったのかな?」と思い、あまり深く考えませんでした。

ところが先日の悲鳴は前回のとは比べ物にならないくらいの大きな悲鳴です。
そして今回も同じ右脚。
これは膝蓋骨脱臼に関係があるのか?
完全に脱臼してしまったのか!?

今回はワハハの悲鳴もなかなかやみません。
痛みが少し治まってからも後ろ右脚をあげたまま、
やっと横になったかと思うと、
後ろ脚が震えています。
かなり痛そうです。

慌てて病院に連れていくことに。
これはかなりの事態を想定しなくてはいけないかもしれません。
以前、獣医さんに言われたのは
「3日間脚を上げて歩くようならば手術が必要だろう」という言葉。
だけど、今回の痛そうな様子を見てたら、
とても3日間様子を見るなんてことはできません。

前回の狂犬病予防注射の時に、
いつもと違う日曜日でも診察してくれる動物病院に行ったのですが、
そこで診ておいてもらってよかった。
ゴールデンウィークなので、どこの病院も休診です。


ワハハの痛みが少し治まったようで、
とりあえず病院に行こうと思いきや、
散歩に行けると思ったワハハが普通に歩きだしました。
ややびっこを引いてるか?

一瞬、病院に行こうかどうか悩みました。
とりあえず、少し歩かせて様子を見てみよう。

車でいつもの公園についたワハハ。
だけど車から降りようともしません。
やはり脚が痛いのか!?

やはり病院でワハハを診てもらうことにしました。

途中でワハハにトイレさせてやれそうな場所があったので、
車を停めて再度様子を見ます。

今度は車から降りて、普通に歩くワハハ。
だけど、すぐに座って休みます。
だけど、痛いほうの脚を軸に足上げシッコもしてます。
心配するほどではないのでしょうか?


病院に行って診察してもらうと先生の評価はやはりグレード1。
すぐに手術とかそういったこともないようです。
この時既にワハハが痛そうにしてる様子はありません。

とりあえず一安心。
獣医さんに勧められた膝に良いサプリを購入することにしました。

以前にもこのブログで書いたように、
ワシはサプリなどというものは全く信用しない人なのです。
だけど今まで調べた中で、少しは心に引っかかる存在であったのも事実。

今回はそんなサプリですが、
藁にもすがる気持ちで購入を躊躇なく決心。
これでワハハが痛い思いをする回数が少しでも減るのなら安いものです。


それにしても、ひねったのかどうかは分かりませんが、
後ろ脚で頭を掻くという犬にとっては日常的な動作。
この何気ない動作で強烈な痛みがワハハを襲うとは考えようです。

ワシは人間も含め、手術はQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を下げない限り決心するべきではないという方針の持ち主ですが、
日常的な動作が痛みが出るというのはこれに該当することです。

ワハハの膝蓋骨脱臼は獣医さんの評価はグレード1ですが、
散歩中に脚を大きく蹴り上げるような動作?が増えてきてる(外れた膝をハメてる?)のも気になるところ。
少し悪化してるような気がしないでもありません。


かといってワハハが明らかにびっこを引いて散歩したことなど一度もありません。
今だって両足どちらも上げてオシッコします。

ただ今まで以上に注意をしなければならないようになったことだけは確か。
どうかもうワハハの悲鳴を聞くことがありませんように…

������� ���� ����